巷では、既に今年のブライテスト・ホープたちの話題もちらほら。
すっかり2013年の空気形成が始まっているけれど
久しぶりの更新は、2012年のベストトラックリストにしたいと思う。

2012年にリリースされた楽曲で、正規の流通経路で入手したものから20曲。
順位そのものにはあまりフォーカスしすぎず
このリストがプレイリストとしてもうまく機能することを意識して。
まずは20位〜11位までをどうぞ。

20. Paws – “Catherine 1956”
グラスゴー出身のトリオがリリースしたデビュー作から。
オープニングを飾る、オーセンティックで良質なギターポップ。

19. Screaming Females – “Rotten Apple”
アルビニ・プロデュースで本当に輝いたのは、Cloud Nothingsよりも彼らの方。

18. Lotus Plaza – “Monoliths”
ディアハンターがピンとこない僕には嬉しいポップなアルバムから
アートワークそのままの、ノスタルジックムード満点の一曲を。

17. Totally Enormous Extinct Dinosaurs – “Tapes & Money”
英国オックスフォード出身、Orlando Higginbottomのデビュー作から。
ポスト・ダブステップ世代の極上ダンスポップ。男性Voっていうのがポイント。

16. Legowelt – “Rave Till Dawn”
Party All Night !!!

15. TOY  – “Lose My Way”
昨年、最もクールだった英国の5人組。
そのベストソングとベストミュージック・ビデオ。

14. Little Boots  – “Every Night I Say A Prayer”
間もなくリリースされる新作からの先行トラック。
英国DIYポップの歌姫は、次の一手にポスト・ダブステップを選んだ。

13. Youngblood Hawke  – “We Come Running”
LA出身の5人組のデビューEPから。
ジョニー・ボーイ風のイノセントな混声からは想像できない
おバカなミュージック・ビデオにこそ彼らの本質が宿っている。

12. Saint Etienne  – “Tonight”
ベテランの技が冴える王道のハウスポップ。
やはり”Tonight”というタイトルの曲にハズレ無し。

11. Mungolian Jetset   – “Smells Like Gasoline”
昨年、個人的に最も波長があった音楽が、いわゆるNu Disco。
ハマるきっかけになったアルバムから、アンセミックな一曲を。

To Be Continued…

[←前の記事]
[→次の記事]