2010年にトロントで産声をあげ、現在はブルックリンを拠点に活動している
DIYレーベル・Orchid Tapesのコンピレーションは
まさにベッドルームポップ最前線とも言える作品だ。

リリース前の新人も混じっているようで、玉石混合な雰囲気が漂っているものの
その全編にわたるクオリティの高さと統一感のあるトーンアンドマナーには唸らされた。

ベッドルームらしい、メトロノームの音すらバックに聴こえるフォーキーな弾き語りから
いわゆる宅録モノのシンセポップまで。
どれも総じてネクスト・ユースラグーンてな具合である。

いくつかあるハイライトでも特筆すべきはアルバムリリースを控えた
Alex Gによる2曲目の”Cards”、そして新鋭Yohunaによる”Badges”か。

昼夜問わずチルな気分に浸れる一枚なのでぜひ。Name Your Priceなのもいい。
http://orchidtapes.bandcamp.com/album/boring-ecstasy-the-bedroom-pop-of-orchid-tapes

Tracklist:
1. Ricky Eat Acid – Can You See It’s Bloom
2. Alex G – Cards
3. R.L. Kelly – Everything’s Cool
4. The Sweater I Gave You – Nobody’s Baby
5. Four Visions – Hazy Past
6. Home Alone – Catching Hours
7. Julia Brown – Without You
8. Infinity Crush – Spoiled
9. Elvis Depressedly – N.M.S.S. (Amy’s Demo Tape)
10. HAPPY TRENDY – Spirit Week
11. Yohuna – Badges
12. Foxes in Fiction – Rearrange
13. Euphoria Again – Change
14. MEISHI SMILE – Sincerity

[←前の記事]
[→次の記事]